エンタメ

嫁が美人すぎるアスリートランキング! 2位は長友選手(平愛梨)、3位は松井大輔(加藤ローサ)。1位は、今年から東北に帰ってきた元メジャーリーガーの投手!

[2021/11/4 12:31]

 メディアで取り上げられることの多い競技のアスリートたちは、私生活までクローズアップされることも少なくありません。とくに、大活躍の人気アスリートの結婚相手は美人アナウンサーや蕓能人など“高嶺の花”であることが多いため、つねに注目の的。

 NTTレゾナントが運営するランキングサイト「gooランキング」では、嫁が美人すぎると思うアスリートが誰なのかについて調査を実施。694票が寄せられたアンケート結果をもとに、ランキングを発表しました。



1位は、「田中將大」!

Amazonより

 田中將大選手は、1988年11月1日兵庫県伊丹市生まれ。今週33歳になったばかりです。

 野球強豪校がひしめく関西出身ですが、特待生として駒澤大學附屬苫小牧高等學校に進學。甲子園通算成績は春夏12試合の登板で8勝無敗という圧倒的な記録を殘しました。

 楽天入団後も、1年目から完封勝利、最速タイ記録のシーズン100奪三振、自己最速の153km/h、規定投球回數到達など大活躍し、野村監督に「うちのエース」と言わしめたほど。

 そんな田中將大選手は、2012年にタレントの里田まいさんと結婚。2013年に24勝0敗、防御率1.27という驚異の記録を打ち出し、楽天をその年の日本シリーズ制覇に導くと2014年からはMLBの名門ニューヨーク?ヤンキースに移籍。メジャーリーグでの大活躍が日本でも連日話題となりました。2021年から、再び古巣の楽天にカムバックしています。

 メジャーリーグでの活躍の影には里田まいさんの內助の功が大きいとたびたび報道され、里田まいさんは、美しく優しい“理想の妻”として結婚後さらに人気が上昇。


2位は、「長友佑都」!

Amazonより

 長友佑都選手は、1986年9月12日生まれの現在35歳。

 明治大學在學中にFC東京に入団に入団してプロ入り。2008年にA代表デビューを果たすと、2010年のW杯南アフリカ大會以降、3大會連続でW杯に出場。2010年のW杯後はイタリア1部リーグ(セリエA)のチェゼーナに移籍。2011年からは名門インテル?ミラノでプレーしました

 2018年にガラタサライSK、2020年にオリンピック?マルセイユに移籍後、2021年に古巣?FC東京にカムバックしています。

 そんな長友佑都選手は、2017年に女優の平愛梨さんと結婚。2017年、2019年、2021年と3人の子ども出産。現在は子育て真っ最中の平愛梨さんですが、長友選手の移籍にともないイタリア、トルコと住む場所を変え、現在はフランス在住。

 弟の平慶翔さんは2期めの都議會議員、妹の平祐奈さんは女優と、美形一家の6人きょうだいの長女に生まれた平愛梨さんは、美貌と天然キャラでテレビの人気者に。長友選手とも仲良し夫婦として有名で、世界の超一流チームであるインテル?ミラノで長く活躍できたのも平愛梨さんの支えがあってこそと言われています。


3位は、「松井大輔」!

Amazonより

 松井大輔選手は、1981年5月11日生まれの現在40歳。2000年に京都パープルサンガに入団してプロ入り。2004年のル?マンから12017年のオードラ?オポーレまで海外チームで活躍し、2018年から2020年までは橫浜FCに所屬。2021年にサイゴンFCに移籍しましたが、コロナ禍によりリーグは中斷、その後今期ゲームの中止が発表されました。

 2010年にはW杯南アフリカ大會に日本代表として選出され、全4試合にスタメン出場して主力として活躍した松井大輔選手は、翌2011年にドラマやバラエティー番組で活躍していた加藤ローサさんと電撃結婚を発表しました。

 母親が日本人で父親がイタリア人の加藤ローサさんは、その際立った美貌で高校生1年生でモデルデビュー。高校卒業と同時に上京し、以後はタレント、モデル、女優として活躍しました。

 夫妻は2011年と2014年に子どもに恵まれ、現在加藤ローサさんは2児のママとなっていますが、子育ても落ち著いてきたようで、今年4月にはNHK総合の連続ドラマ「きれいのくに」で10年ぶりに女優としてドラマ復帰。

 2021年9月、Y.S.C.C.橫浜フットサルと契約し、フットサルに転向した松井選手ともども、來年の活躍が期待されるところです。

TOP10はこちら!

 そもそも有名アスリートの妻は美人揃い。そんな中でTOP10に選ばれた“嫁”たちはとびきりの美人揃い。夫の體調管理も嫁の仕事と言われるアスリートの妻たちは、料理で體調管理をしたり、マッサージを習得したり、海外で戦う夫を支えるため世界規模でのお引越し、それにともなう外國語習得と多くの能力が求められます。

 高スペックが求められるアスリートの妻だけに、今回のランキングを見るとアナウンサー出身者が多め。美人な嫁ランキングなので、次いでモデル、女優など蕓能人が多くなっています。

 そんななかで、妻もアスリートながら37位にランク入りしたのが、競艇の青木幸太郎選手。妻の魚谷香織さんも競艇選手で、イケメン美女のさわやかカップルな2人は、競艇の顔として人気です。

 gooランキングでは、41位までの全ランキングを公開しています。


<嫁が美人すぎるアスリートランキング TOP10>

1位:田中將大(プロ野球選手)
   里田まい

2位:長友佑都(サッカー選手)
   平愛梨

3位:松井大輔(サッカー選手)
   加藤ローサ

4位:柴崎岳(サッカー選手)
   真野恵里菜

5位:鈴木誠也(プロ野球選手)
   畠山愛理(スポーツキャスター)

6位:高橋奎二(プロ野球選手)
   板野友美

7位:槙野智章(サッカー選手)
   高梨臨

8位:涌井秀章(プロ野球選手)
   押切もえ

9位:源田壯亮(プロ野球選手)
   衛藤美彩

10位:卜部弘嵩(K-1ファイター)
   高橋ユウ

[工藤ひろえ]